FX手法

押し目買いと戻り売りとは?FXの勝率を上げる手法を徹底解説!

こんにちは!つむぎです!

トレンドに乗って取引ができると、FXでの勝率が上がりますよね。

相場が上がっているなら買いで入り、上昇したところで売り抜けます。

反対に下がっているなら、売りから始めてもっと下がったところで決済すれば、差額が利益になりますね。

このような取引を「順張り」と言い、順張りの利益を最大化するためには、「押し目買い」と「戻り売り」のテクニックが重要です。

この記事では押し目買いと戻り売りとは何か、そしてなぜ有効なのか解説していきます。

その他の勝てる手法についても解説するので、この記事の内容を役立て、FXの勝率を上げていきましょう。

FX押し目買いと戻り売りの概要

まずは押し目買いと戻り売りとは何なのか、意味を解説していきます。

いずれも基本的な取引方法で、勝率の高いトレーダーは全員知っている基礎知識なので、この機会に身につけましょう。

次に、どうして順張りのときに押し目買いや戻り売りをすると良いのか、理由を解説していきます。

FXで有利なポジションを取るためには必須の知識なので、ぜひ身につけてください。

押し目買いとは何か

「押し目」とは、上昇トレンドの相場で少しだけ値下がりすることを言います。

上昇トレンドといってもずっと上昇し続けるのではなく、時々小さな下降がありますよね。

その小さな下降が「押し目」です。

なぜ押し目が存在するかというと、利益を確定させるために売り注文が入るからです。

上昇トレンドでは買い注文が優勢ですが、「そろそろ利益を確定しておこう」と考えたトレーダーは売り注文を入れます。

大勢のトレーダーが売りを入れると、一時的に売りが優勢となって、小さく下降するのです。

このようなメカニズムにより、上昇トレンドの相場にも押し目が生まれます。

「押し目買い」とは、押し目のときに買いでエントリーすることです。

上昇トレンドだといつ買いでエントリーするか迷ってしまいますが、押し目が来たらエントリーのチャンスです。

上昇トレンドなら押し目の後も上昇していくと考えられ、押し目で買いを入れれば再び相場が上昇し始めれば利益が出るからです。

このように、押し目買いは上昇トレンドの相場で買い注文を入れる目安となります。

押し目買いは勝率の高いエントリー方法なので、覚えておきましょう。

しかし、押し目買いが有効なのは上昇トレンドのときだけです。

下降トレンドのときは押し目買いではなく、戻り売りというテクニックを使います。

戻り売りについても学んでいきましょう。

戻り売りとは何か

下降トレンドの相場で少しだけ値上がりすることを「戻り目」と言います。

下降トレンドのときも、ずっと下降し続けるのではなく、時々小さく上昇することがあります。

この小さな上昇を「戻り目」と呼ぶのです。押し目の反対ですね。

戻り目が存在する理由も、利益を確定させたいトレーダーが買い注文を入れるからです。

下降トレンドでは売り注文が優勢ですが、既に売りでエントリーしているトレーダーが「そろそろ利益を確定したい」と思えば買い注文を入れます。

大勢のトレーダーが買い注文を入れると、一時的に買いが優勢となり、相場が小さく上昇します。

下降トレンドなのでその後はまた売りが優勢になるのですが、このようなメカニズムで「戻り目」が生まれます。

「戻り売り」とは、戻り目で売りでエントリーすることです。

戻り目は下降トレンドでエントリーする絶好のチャンスとなります。

下降トレンドなら戻り目の後は下降していくと考えられ、戻り目で売りで入り、再び相場が下降し始めれば利益が出るからです。

このように、下降トレンドでは戻り目でエントリーする戻り売りが有効です。

押し目買いと同様に勝率が高いエントリー方法なので、覚えておきましょう。

押し目買いと戻り売りの意味を押さえたところで、なぜこれらの手法が有効なのかもっと詳しく学んでいきましょう。

何故押し目買いと戻り売りが有効なの?

上昇トレンドでは押し目買いが、下降トレンドでは戻り売りという手法が使えることは解説したとおりです。

次は、これらの手法を使うとどんなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

有利な位置でエントリーが可能

まず、押し目買いや戻り売りはトレーダーにとって有利な位置でのエントリーになります。

上昇トレンドや下降トレンドが一時的に逆方向に行ったときにエントリーすることで、利益を最大化できるからです。

例として、上昇トレンドにおける押し目買いを考えてみましょう。

押し目とは、上昇トレンドの間に起こる一時的な下降のことでした。

押し目で買えば、少しだけ値下がりしたところで買えるので、利益確定させるまでの値幅を大きく取ることができます。

そのため、「有利な位置でエントリーできる」というわけです。

戻り売りでも同様で、有利な位置でエントリーすることができます。

押し目買いと戻り売りを使いこなせば、値幅を大きく取るために有利なエントリーができます。

だましを防ぎやすい

押し目買いと戻り売りには、だましに遭いにくいメリットもあります。「だまし」とは、押し目や戻り目に見せかけた、トレンドの転換のことです。

つまり、一時的に値下がりする押し目に見えたけど、実際は下降トレンドに変わってしまった場合などのことを指します。

だましを防ぐには、押し目・戻り目の判断の方法がカギとなります。

注意したいのが、上昇トレンドなのに少し下がったから押し目、下降トレンドなのに少し上がったから戻り目だ、とすぐに判断しないことです。

例えば押し目の場合、上昇トレンドなのに一時的に下がり、また上昇を始めれば押し目です。

ただし一時的な下げだと思っていたのに、ずっと下降していくこともあるので、これに引っかかれば「だましに引っかかった」となってしまいます。

つまり下降し始めたからといって、すぐに押し目と判断しないことで、だましを防ぐことができます。

再び上昇トレンドに戻りそうだと判断できた場合のみエントリーすれば、だましに遭いにくくなります。

押し目買いと戻り売りでも、判断を誤るとだましに引っかかってしまいます。

焦ってエントリーせず、少し待ってトレンドが変わるか継続するか見極めることでだましは防げるので、実践していきましょう。

とはいえ、だましに引っかかって失敗することもあり得ます。

そこで、押し目買いと戻り売りが有効な場面について詳しく学んでいきましょう。

だましに遭って損失を広げる失敗を防ぐためにも、絶対に知っておきたい基礎知識です。

FX押し目買いと戻り売りが有効な場面とは?

押し目買いと戻り売りについて基礎知識を身につけたら、今度は実践編です。

簡単に言うと、上昇トレンドのときは押し目買い、下降トレンドのときは戻り売りが有効です。

しかし、これだけでは漠然としすぎていて、実践に活かせないですよね。

FXの実践に役立つテクニックについて、もっと詳しく解説していきましょう。

FXの押し目買いが有効な場面

押し目買いが有効なのは上昇トレンドのときで、ローソク足チャートが移動平均線より上にあるときです。

ローソク足も移動平均線も、概ね上昇しているときに有効となります。

具体的には、上昇しているローソク足が少し下降してきたら、押し目になる可能性が高いです。

その下降が押し目なら、右肩上がりの移動平均線に触れるか触れないかのあたりで再び上昇に転じるでしょう。

そうなったら買いでエントリーする押し目買いのサインです。

押し目でなかった場合、ローソク足が移動平均線を下に割り込むことが多いです。

この場合はエントリーせず、次のチャンスをうかがうのが良いでしょう。

このように、押し目買いはローソク足と移動平均線を組み合わせて判断します。

戻り売りも基本的には同じなので、あわせて学んでいきましょう。

FXの戻り売りが有効な場面

戻り売りは下降トレンドのときに有効で、ローソク足チャートが移動平均線より下にあるときに使えます。

ローソク足も移動平均線も、概ね下降しているときに使えるテクニックです。

具体的には、下降しているローソク足が少し上昇してきたら、戻り目になる可能性が高いでしょう。

その上昇が戻り目の場合、右肩下がりの移動平均線に触れるか触れないかのあたりで再び下降に転じることが多いです。

このようなチャートが形成されたら、戻り目のサインです。

一方、上昇が戻り目でない場合は、ローソク足が移動平均線を上に割り込むことが多いです。

この場合は戻り目でない可能性が高いので、エントリーを見送るのがおすすめです。

押し目買いと同様、戻り売りもローソク足と移動平均線を組み合わせて判断します。

いずれも基本的なチャートでどんなツールでも使えるので、表示させて押し目や戻り目を探してみましょう。

また、押し目買いと戻り売りだけだと、チャンスの回数が少ないかもしれません。

他の勝率が高い手法も解説するので、身につけていきましょう。

FX押し目買いと戻り売り手法以外の高勝率手法は?

押し目買いと戻り売り以外だと、「ブレイクアウト」を狙ったエントリーも有効です。

ブレイクアウトとは、重要なラインを上下に大きく超えることを指します。

重要なラインとは、直前の高値や安値など、大勢のトレーダーが意識している価格のことです。

直前の高値を上に抜ければ大きく上昇することが予想され、反対に直前の安値を下に抜ければ大きく下降することが予想されます。

大きく抜けることを「ブレイクアウト」と言い、利益確定までの値幅を大きく取れるので、FXトレーダーが意識している手法の一つです。

ブレイクアウトを使いこなせば、1回の取引で大きな利益を出すこともできます。

押し目買い・戻り売りを身につけるとともに、ブレイクアウトについても理解を深めていただければと思います。

まとめ

この記事では、押し目買いと戻り売りの意味やどんな場面で使うのが良いのかなどを解説してきました。ポイントは以下のとおりです。

  • 押し目買いは上昇トレンドが一時的に下降したときに買いでエントリーする手法
  • 戻り売りは下降トレンドが一時的に上昇したときに売りでエントリーする手法
  • 押し目買いと戻り売りは、ローソク足と移動平均線を組み合わせて判断する

押し目買いと戻り売りは、FXトレーダーにとって最も基本的なテクニックです。勝率も高い手法なので、ぜひ身につけて利益につなげましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます!

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきますので、
どうぞよろしくお願いします。

今だけ、つむぎの公式LINEへ友だち追加してくださった方に
FX新参者でも日給10,000円以上が達成できる
FX自動売買ツール「ウルフ」の無料モニターを
毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので
興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをくださいね!

LINE友だち追加はこちらからお願いいたします。