FX手法

FXのエントリーポイントの見極め方6つと注意点を初心者向けに解説!

こんにちは!つむぎです!

FXで利益を上げ続けるためには、エントリーポイントの見極めは欠かせません。

エントリーポイントがわかっていないのに取引をすると、利益が出ないどころか簡単にお金を失ってしまいます。

大切なお金を守るためにも、増やすためにもエントリーポイントの見極めには時間をかけて取り組んでいきましょう。

ここでは、FX初心者の方がエントリーポイントを見極めるために重要なポイントや練習法、注意点についてお伝えしていきますね!

FXのエントリーポイントが大事な理由

FXで利益を上げるためには、エントリーポイントの精査が非常に重要です。

エントリーポイントがわかっていないと、気持ちとは裏腹に損をしてしまうことになります。毎日ランダムに変動する相場でエントリーポイントを見つけるには、訓練が必要です。

まずはエントリーポイントの見極め方を具体的にまとめてお伝えします。

読んだ後は、実際に動いているチャートで確認してみましょう。

FXのエントリーポイントの見極め方6つ

主なエントリーポイントの見極め方を6つお伝えします。

ここでまとめた方法は、多くのトレーダーが注目しているポイントです。

FX初心者でもわかりやすいように簡潔にまとめましたので、じっくり読んでいきましょう。

読んで理解したら、実際のチャートで確認することが何よりも大切です。

時間を取って、必ずチャートで確認しましょう。

方法① 押し目買い

上昇トレンド中に、価格が下げたところで買うことを押し目買いと言います。

非常にオーソドックスで勝率が高いと言われているエントリーポイントです。

トレンドが発生しているときに、そのトレンド方向へエントリーするので、トレンドにのって利益を伸ばすこともできます。

価格の動きがトレンド方向に戻るタイミングで買うと良いでしょう。

方法② 戻り売り

下降トレンド中に価格が上がったところで売ることを戻り売りと言います。

押し目買いとは逆方向の考え方になります。

一般的に上昇よりも下降の方がスピードが速いと言われています。

タイミングが合えば、短時間で利益を得ることもできます。

方法③ トレンドの転換期

上昇トレンドから下降トレンド、下降トレンドから上昇トレンドというように、トレンドが転換するタイミングでのエントリーポイントです。

画像のように、何度も上昇が止められている部分をレジスタンスと言い、トレンドの転換点となることが多いという傾向があります。

転換点を見つけるときは、何度も価格の動きが止められている水準を探してみましょう。

方法④ ブレイクアウト

何度も価格の動きを止められている水準を抜けて価格が動いていくことをブレイクアウトと言います。

レジスタンスをブレイクするときも、サポートをブレイクするときも、ブレイク後は大きく動き出す傾向があります。

上手にブレイクに乗れば、大きな利益を得ることもできます。

ただ、ブレイクが失敗して逆方向に動き出す「ダマし」もありますので気を付けましょう。

方法⑤ ゴールデンクロス

インジケーターが底値からクロスする動きはゴールデンクロスと言い、上昇の兆しとして捉えられています。

インジケーターには様々な種類がありますが、上の画像では、非常にポピュラーなインジケーターの一つである移動平均線を表示しています。

赤い線が短期線、黄色い線が長期線です。

底値で長期線を短期戦が上回ると、ゴールデンクロスとなり価格が上昇していきます。

逆に天井圏で長期線を短期戦が下回ると、デッドクロスと言われ価格が下落する兆しと捉えられます。

方法⑥ ダイバージェンス

MACD(マックディー)のようなオシレーター系のインジケーターの動きと、実際の値動きが逆行している状態のことをダイバージェンスと言います。

ダイバージェンスが発生すると、オシレーターの示す方向に価格が動き出す傾向があります。

トレンドの転換点と組み合わせて見てみましょう。

ここで紹介したエントリーポイントは非常に基本的なものですが、その分多くのトレーダーが注目しています。

これらのポイントを組み合わせることでより高精度のエントリーが実現できますので、一つずつの見方に慣れてきたら、組み合わせたエントリーポイントを見つけてみましょう。

次に、エントリーポイントを探す際の注意点についてお伝えします。

失敗する前に必ず確認しておきたいポイントを簡潔にまとめました。

FXのエントリーポイントの注意点

FXでは、エントリーポイントを探ろうと思えばそれらしきポイントが無数に見つかってしまいます。

チャートを見ながらエントリーしたいという気持ちが前に出すぎてしまうと、値動きに翻弄され、損失を重ねてしまうでしょう。

ここでは多くのトレーダーがやってしまう失敗を大きく二つに分け、注意点を解説します。

しっかり読んで、失敗を未然に防ぎましょう。

ポジポジ病

ポジポジ病とは、多くのポジションを取りすぎてしまう(エントリーしすぎてしまう)傾向のあるトレーダーを指します。

利益を欲しがるあまり、エントリーポイントの精査が甘くなってしまうために起こります。

エントリーするということは、利益を得るチャンスでもありますが、損失になってしまう可能性もあるということを必ず覚えておきましょう。

FXは常にリスクと隣り合わせです。

丁寧なエントリーポイントの精査が高勝率のカギとなります。

エントリーを見送ることも大切だと認識しましょう。

無計画な張り付きトレード

エントリーポイントを逃したくないがためにずっとチャートに張り付いて、値動きから目が離せなくなってしまうトレーダーが多くいます。

エントリーの条件が整うポイントはいつ来るかわかりません。

長い時間チャートに張り付いていれば集中力は落ちてしまい、エントリーの精度も同じように落ちてしまいます。

チャンスを逃したくない気持ちは誰にでもありますが、チャンスは一度きりではありません。

チャートを見る時間は、自分が集中力を保てる時間に制限するなどの対策が必要です。

FXは長い期間をかけてコツコツ利益を積み重ねるものなので、ゆったり取り組む気持ちを持ちましょう。

FXのエントリーポイントを見つける練習方法

FXのエントリーポイントを見つける方法は、まずは反復することです。

でもどんなところに気を付けて反復すればいいかわかりませんよね。

ここでは、エントリーポイントを見つけるための反復練習で特に気を付ける点について簡潔にまとめました。

実際に練習を始める前に確認しておきましょう。

反復する

まずはチャートを見る時間を多く取り、値動きに慣れましょう。

エントリーポイントを見つけるためには、反復練習が必要です。

止まっているチャートを見て、エントリーの条件が整っているポイントを探してみましょう。

止まっているチャートでエントリーポイントを見つけることができたら、デモトレードや少額の取引で動いているチャートを見ながらエントリーできるか試してみると、値動きのリズムを掴めるようになります。

トレード全体の精度を上げる

トレードは、トータルで損益が決まります。

一度のトレードがどれほど良くてもトータルで失敗が多ければ損益はマイナスになってしまいます。

トレード全体の精度は、損失をコントロールするところから始まります。

負けないFX、損失を最小限に抑えるFXを実現するため、必ず損切りを設定することを習慣化しましょう。

もしもエントリーが怖くなったら?

FXで負けがかさむと、負けることへの恐怖を覚え、エントリー自体が怖いと感じる時期があります。

エントリーが怖くなったら、素直にトレードから離れましょう。

エントリーせず、チャートを見るだけなら怖さを感じないはずです。

チャートを見ることに慣れてきたら、デモや少額の取引などで徐々に実戦の感覚を取り戻しましょう。

「無理にエントリーする必要はない」ということ覚えておきましょう。

まとめ

FXで利益を上げるためには、エントリーポイントを見つけることが非常に重要です。

改めて内容をおさらいしておきましょう。

  • エントリーポイントの重要性
  • エントリーポイントの見極め方6つ
  • エントリーポイントを探す時の注意点
  • エントリーポイントを探すための練習方法

利益をあげるためにはもちろんのこと、損しないためにもエントリーポイントの精査は非常に重要です。

日々の練習で、精度の高いエントリーと確実な損失のコントロールを身につけましょう!

最後までお読み頂きありがとうございます!

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきますので、
どうぞよろしくお願いします。

今だけ、つむぎの公式LINEへ友だち追加してくださった方に
FX新参者でも日給10,000円以上が達成できる
FX自動売買ツール「ウルフ」の無料モニターを
毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので
興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをくださいね!

LINE友だち追加はこちらからお願いいたします。