FX手法

FXレンジ相場でがっつり稼ぐなら絶対ボリンジャーバンドがオススメな理由

こんにちは!つむぎです。

FXのレンジ相場でがっつり稼ぎたい場合は、「ボリンジャーバント」を使用することがオススメです。

ボリンジャーバンドは、レンジ相場に強くエントリーポイントもわかり易いことからFX初心者にも使いやすいテクニカル指標となっています。

また、ボリンジャーバンドはレンジ相場とトレンド相場の判断にも使用できるかなり優秀なテクニカル指標として世界中のトレーダーに愛用されています。

今回の記事では、この「ボリンジャーバンド」の概要や有効性、実際にどれくらい稼ぐことができるのかについても詳しく紹介していきます。

現在レンジ相場で勝てない人やレンジ相場で損を出してしまっているという人は是非この記事を最後まで読んで、ボリンジャーバンドについて学んでいって下さい。

FXボリジャーバンド手法の概要

ボリンジャーバンドとは、アメリカの投資家である「ジョン・ボリンジャー」が発見したことからこの名前が付けられており、移動平均線に価格の変動率と標準偏差を加えたテクニカル指標のことです。

ボリンジャーバンドは、移動平均線であるセンターラインに変動率と標準偏差を用いて出される上下の2本のラインの計5本で表示する場合が多いです。

(手法によって上下1本の合計3本や上下3本の合計7本にする場合もあります。)

上下のラインは、センターラインに近いラインが+1σ(プラス1シグマ)、-1σ(マイナス1シグマ)と呼び、

センターラインから離れているラインを+2σ(プラス2シグマ)、-2σ(マイナス2シグマ)と呼びます。

また、もっと離れたラインである+3σ(プラス3シグマ)、-3σ(マイナス3シグマ)を表示することも可能です。

この上下のラインは、標準偏差の考え方に基づいて計算すると現在の価格が+1σ、-1σのラインの範囲に収まる確率が68.3%

+2σ、-2σのラインの範囲に収まる確率が95.5%になります。

つまり+2σ、-2σを超えた場合は売られ過ぎ、もしくは買われ過ぎということが分かります。

ボリンジャーバンドは、この性質をうまく利用して利益を上げるテクニカル指標のことです。

次の章では、この手法の有効性について深堀していきたいと思います。

何故この手法が有効と言えるのか?

先ほども説明した通り、ボリンジャーバンドの+1σ、-1σの範囲に収まる確率は68.3%。

+2σ、-2σの範囲に収まる確率が95.5%というデータが出ています。

このデータから見ても+2σ、-2σから逆張りする手法はかなり有効であることが分かります。

また、センターラインである移動平均線は、トレンドの判断にも使用することが可能です。

例えば、センターラインの移動平均線が下を向いていれば下降トレンドである確率が高く、上を向いていれば上昇トレンドである確率が高いと言えます。

さらに、+2σ、-2σを大きく突き抜けた場合は、かなり強いトレンドが発生してということが分かります。

その場合は、レンジ相場が終わったことを意味し逆張り手法に切り替える必要があるということが分かるのです。

ボリンジャーバンドは、1つの指標でこれらの情報を把握することが可能でかなり有効な手法であると言えるのではないでしょうか?

実際にこの手法を使うことでどれくらい稼ぐことができるのか気になりますよね?

次の章では、実際にボリンジャーバンドを使った場合にどのくらい稼ぐことができるのか検証していきます。

この手法だとどのくらい稼げるか

今回は、米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートにてボリンジャーバンド+2σ、-2σからの戻りを使った取引で検証を行いました。

取引ルール

  • 使用するチャート:日足
  • ボリンジャーバンドの使用期間:20
  • 標準偏差:+2σ、-2σ
  • 取引ルール:+2σ、-2σタッチ後に逆張りエントリー。センターライン付近で利益確定。

 

検証①

・エントリー(買い)

2020年6月23日:-2σタッチ(106.100)

 

・利益確定

2020年6月29日:センターラインタッチ(107.500)

 

・獲得pips

140pips

 

検証②

・エントリー(売り)

2020年6月2日:+2σタッチ(108.500)

 

・利益確定

2020年6月9日:センターラインタッチ(108.000)

 

・獲得pips

50pips

 

※以上の検証結果は、取引業者により数字に多少のズレが生じます。

目安として参考にすることをオススメします。

過去検証した結果1週間で約50~140pips程度利益を上げることができることが分かりました。

今回の取引は簡単なルールでの検証結果です。

損切り値が近い場合は、マイナスの結果になる場合もあります。

細かいルールを自分で変更することでさらに大きな利益を上げることも十分可能です。

次は、ボリンジャーバンドを使ったレンジ相場の稼ぎ方を紹介していきます。

FXボリンジャーバンドを使ったレンジ相場の稼ぎ方

レンジ相場でボリンジャーバンドを使って稼ぐ場合は、+2σ、-2σから平均値までの回帰を狙った取引がオススメです。

その理由は、相場価格は+2σと-2σの範囲に収まる確率が95.5%とかなり高いからです。

相場がレンジになっているときは、+2σにタッチ後元に戻るタイミングで売りエントリー。

-2σタッチ後元に戻るタイミングで買いエントリーを入れることで利益を稼ぐことができます。

もちろん+2σ、-2σのラインを大きく超える事も稀にあるので注意が必要です。

確率としては約5%と低いですが損切りは入れる必要があります。

あまりにもトレンドが強い場合は、+2σ、-2σタッチ後にすぐにエントリーをせずに様子を見ることも大切になります。

トレンドの強さの判断としては、センターライン(移動平均線)の角度が急な場合やボリンジャーバンドの開きが大きい場合に強いトレンドが出ていると判断できます。

ここまで見るとかなり有効な手法に感じますが、もちろんいくつかの注意点があります。

次の章では、ボリンジャーバンドを使った手法の注意点を紹介していきます。

FXボリンジャーバンドを使った手法の注意点

ボリンジャーバンドはかなり優秀なテクニカル指標ですが、いくつかの注意点があります。

今回は2つの注意点を紹介します。

トレンド相場では使えない

1つ目の注意点は、トレンド相場では使えないということです。

先ほども説明した通りセンターラインの角度やバンドの開きの大きさでトレンドの強さを確認することも大切ですが、取引する通貨ペアによっては長期的にトレンドが発生する通貨ペアもあります。

その場合も、ボリンジャーバンドの逆張り手法が通用しないので通貨ペア選びも重要になって来ます。

長期でボリンジャーバンドの逆張りをする場合は、月足や週足でレンジになっている通貨ペアを選ぶようにしましょう。

スプレッドが開く時には要注意

2つ目の注意点は、スプレッドが開く時には要注意ということです。

ボリンジャーバンドの逆張りは、価格が下がり過ぎているときや逆に上がり過ぎている場合にエントリーすることになります。

価格が下がり過ぎている(上がり過ぎている)場合は、大きなニュースが発生した時にヘッジファンドのストップ狩りが起こる場合があります。

ストップ狩りが起こるときは、スプレッドが大きく開く危険性があります。

スプレッドが開くことで強制ロスカットに合う場合があるので注意が必要になります。

スプレッドが開いたときに強制ロスカットを防ぐために、レバレッジをかけ過ぎないなどの資金管理の徹底をするようにしておきましょう。

以上がボリンジャーバンドを使った手法の注意点でした。

最後にボリンジャーバンド以外にFXで稼げる方法を紹介していきます。

FXボリンジャーバンドだけじゃない!FXで稼ぐなら

ボリンジャーバンドを使った手法は、比較的に稼ぎやすい手法ですが、やはりこの手法が合わないといった人も存在します。

そんな人は、「FXの自動売買ツール」を使って稼ぐという方法もあります。

「自動売買ツールって何か怪しい」そんなイメージを持つ人が多いと思います。

確かに、有料自動売買ツールの中には、料金が高額な上に全然勝てないようなツールも存在しています。

せっかく高いお金を払っても稼ぐことができなかったら悔しいですよね?

そんな人には、自動売買ツールの「ウルフ2」がオススメです。

ウルフ2は、他の自動売買ツールより破格の価格で購入することが可能です。

また、多くのトレーダーの悩みの種でもある損切りを自動で行ってくれる「損切り機能」が搭載されていたり、曜日ごとに取引をしないようにできる「曜日ごとの時間オンオフ機能」なども搭載されています。

ただ注意点として、この自動売買ソフトは全ての人が購入できるわけではありません。

ウルフ2はある程度本気で稼ぎたいという思いがある人限定の販売となっているようです。

本気で稼ぎたいと思っている方は是非以下のサイトから相談してみてください。

本気で稼ぎたいという思いが伝われば、大きな資金を増やすことができるツールを手に入れることが出来るかもしれません。

ウルフ2の詳細はこちら

まとめ

ここまでレンジ相場で稼ぎやすいボリンジャーバンドについて紹介してきました。

ボリンジャーバンドの有効な使い方を理解することはできましたか?

ボリンジャーバンドは、今回紹介して使い方以外にもたくさんの使い方ができる素晴らしいテクニカル指標です。

是非自分なりにアレンジを加えてみてください。

また、ボリンジャーバンドや他の手法を使っても勝てないという人は、自動売買ツールを使うことで利益を増やしていく方法もあります。

少しでも気になった方は、詳細を調べてみるとよいでしょう。

今回は最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんがレンジ相場でボリンジャーバンドをうまく活用し利益を増やしていけることを心から願っています。

最後までお読み頂きありがとうございます

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきます。

今だけ、公式LINEを追加してくださった方に日給10,000円以上が達成できるFX自動売ツールの無料モニターを毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをお送りください。