FX手法

FXは高校生でも稼げる?【具体的な勉強方法を4つの手順で解説】

「FXって高校生でも稼げるのかな?」

「FXってどう勉強すれば実力アップできるんだろう・・・」

あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

私もFXを始めた頃は勉強方法が分かりませんでしたし、高校生なら「高校生でも大丈夫かな?」と余計に悩んでしまいますよね。

しかし、FXは株などの金融商品より稼ぎやすく、さらに金融の知識もつきます。

そのため、FXを避けることは人生における損失になってしまうかもしれません。

そして、実はFXでは高校生でも口座開設可能であり、稼ぐこともできるのです。

今回は、「高校生のためのFXの具体的な勉強方法や成功するためのコツ」などについて解説いたします。

そもそも高校生でもFXはできるの?

そもそも高校生でもFXはできるのでしょうか。

以下で解説させていただきます。

18歳以上なら口座開設可能

FXでは、18歳以上なら口座開設可能です。

ただし、

  • 一定の資産及び収入
  • 親の同意書
  • 戸籍謄本

などが必要になります。

また、FX会社によっては口座開設ができない会社もありますので注意が必要です。

これで「高校生でもFXはできるのか」についてお分かりいただけたと思います。

しかし、どうすれば高校生でも稼げるのかが気になっていないでしょうか。

「高校生がFXで稼ぐために覚えておくこと」について、次の章で詳しく解説していきます!

【基礎編】高校生がFXで稼ぐために覚えておくこと

高校生がFXで稼ぐために覚えておくことは、主に3つあります。

1.自分ルールを決めて学業や就職に影響がでないようにする

2.FXで成功するためには知識量と経験が必要

3.FXするなら余剰資金の範囲内で

以下で順番に解説させていただきます。

①自分ルールを決めて学業や就職に影響がでないようにしよう

高校生がFXを始める場合、「自分ルール」を決めて学業や就職に影響がでないようにしましょう。

まだ学生である高校生にとって、学業や就職は最優先事項であるはずです。

例えば、「FXで使う時間は2時間以内にする」などルールを決めておくと、FXにハマりすぎて失敗することもなくなるでしょう。

まずは、学業や就職を優先させるためのルールを作ってから、FXに挑戦してみることをおすすめいたします。

②FXで成功するためには知識量と経験が必要

当然ですが、FXで成功するためには知識量と経験が必要になります。

FXは、努力無しで稼げるようなものではないのです。

とはいえ、ネット環境があればFX会社の公式サイトやSNSなどで学ぶことができるため、本人次第で継続的にFXの力をつけていくことができます。

③FXするなら余剰資金の範囲内で

FXをするなら、必ず「余剰資金の範囲内」で取引をおこなうようにしましょう。

生活資金を使ってしまうと、あなたに強いプレッシャーがかかってしまうからです。

FXでは余剰資金を使って、心に余裕を持った取引をするように注意しましょう。

この章では、「高校生がFXで稼ぐために覚えておくこと」について解説してきました。

しかし、FXをどのように学ぶのがよいのか気になりますよね。

そんなあなたのために「高校生が最速でFXを学ぶための4つの手順」について、次の章で詳しく解説していきます!

高校生が最速でFXを学ぶための4つの手順

高校生が最速でFXを学ぶには、4つの手順で学んでいくことをおすすめいたします。

1.FXの基礎知識を勉強する

2.チャートの見方を覚える

3.分析方法を学ぶ

4.注文方法を理解する

以下で順に解説させていただきます。

ステップ①FXの基礎知識を勉強する

まずは、FXの基礎知識を勉強していきましょう。

基礎知識がなければ、FXの情報を理解することができないからです。

例えば、取引の手数料にあたる「スプレッド」や金利にあたる「スワップポイント」など分かりやすいものから勉強してみましょう。

難易度は特に高くありませんので、ネット上で用語を覚えていけば大丈夫です。

ステップ②チャートの見方を覚える

FXの基礎知識を勉強したら、次はチャートの見方を覚えていきましょう。

チャートの見方を覚えると過去のFXの動きを理解できるため、今後の価格が上昇するのか下落するのかを予測できるようになります。

まずは、日本で一般的に使われている「ローソク足」のチャートの見方を勉強してみましょう。

ステップ③分析方法を学ぶ

次に、FXの基本的な分析方法を学んでいきましょう。

分析方法を理解することにより、FXで取引プランを立てられるようになります。

FXの主な分析方法である、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」から覚えていくとよいでしょう。

ステップ④注文方法を理解する

最後に、注文方法を理解しておくようにしましょう。

FXの知識や実力がついても、狙った価格で注文できなければ意味がありません。

FXの基本的な注文方法は以下の3つです。

  • 成行注文:時価で取引する
  • 指値注文:指定したレートまたは有利なレートで取引する
  • 逆指値注文:指定したレートまたは不利なレートで取引する

この他に応用した注文方法もありますが、基本的な3つの注文方法を覚えておけば、FXでの取引をおこなうことができます。

この章では、「高校生が最速でFXを学ぶための4つの手順」について解説してきましたが、やはり気になるのは「FXで成功するためのコツ」ですよね!

「FXで成功するためのコツ」に関しては、次の章で詳しく解説しています!

それでは見ていきましょう!

FXで成功するためのコツ5選

FXで成功するためのコツは、主に5つあります。

1.損切りタイミングを覚えてリスクを抑える

2.高額取引はしない

3.取引は証拠金に余裕がある範囲で行う

4.レバレッジは多くても3倍

5.投資する時間を何箇所かに分ける

以下で順番に解説させていただきます。

損切りタイミングを覚えてリスクを抑える

FXで成功するためには、損切りタイミングを覚えてリスクを抑えることが一番のコツになります。

損切りをしないと、一回の取引で資産を大きく減らしてしまうことになりかねないからです。

FXは基本的に、勝ち負けを繰り返しながら徐々に資産を増やしていくものであることを覚えておきましょう。

高額取引はしない

FXの取引では、高額の取引はしないようにしましょう。

イチかバチかの高額での取引は、ギャンブルと同じになってしまうため実力アップにつながりません。

あせらずにじっくりと取引を繰り返して、FXの実力を磨いていきましょう。

取引は証拠金に余裕がある範囲で行う

FXの取引は、証拠金に余裕がある範囲でおこなうことが重要です。

証拠金に余裕がないと、取引で含み損が出た場合にロスカット(強制決済)されてしまい自分のプラン通りの取引をおこなうことができないからです。

少ない数量での取引にしておけば、証拠金に余裕がでるためロスカットの心配もありません。

レバレッジは多くても3倍

取引でかけるレバレッジは低めにしておきましょう。

レバレッジを高くすればするほど、利益と同時に損失も大きくなります。

目安として、最大で3倍程度であれば多額の損失を出してしまうリスクは少なくなります。

特に初心者のうちは、自分の資金を守ることに意識を集中して取引することをおすすめします。

投資する時間を何箇所かに分ける(時間分散投資)

FXで大きな損失を避けるには、投資する時間を何箇所かに分ける(時間分散投資)ことが有効です。

FXは、時間帯によって値動きに「クセ」があるため、トレーダーによって勝ちやすい時間帯や負けやすい時間帯があります。

そのため、複数の時間帯を使って取引をすることで、負け続けてしまうリスクを抑えることができます。

この章では「FXで成功するためのコツ」について解説してきました。

次の章では、本記事で解説させていただいた「高校生のためのFXの具体的な勉強方法や成功するためのコツ」などについてわかりやすくまとめていきます。

それでは見ていきましょう!

まとめ

ここまで「高校生のためのFXの具体的な勉強方法や成功するためのコツ」などについて解説させていただきました。

高校生が最速でFXを学ぶには、4つの手順で学んでいきましょう。

1.FXの基礎知識を勉強する

2.チャートの見方を覚える

3.分析方法を学ぶ

4.注文方法を理解する

また、FXで成功するためのコツは主に5つありましたね。

1.損切りタイミングを覚えてリスクを抑える

2.高額取引はしない

3.取引は証拠金に余裕がある範囲で行う

4.レバレッジは多くても3倍

5.投資する時間を何箇所かに分ける

特に、「損切りタイミング」は取引で大損しないために必ず覚えておきましょう。

本記事を参考にして、あなたがFXの実力を短期間でアップさせ、取引で利益をあげることを願っています。

ABOUT ME
fx-blog-master
あああ
最後までお読み頂きありがとうございます

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきます。

今だけ、公式LINEを追加してくださった方に日給10,000円以上が達成できるFX自動売ツールの無料モニターを毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをお送りください。