FX手法

FXにおけるスキャルピングとは?特徴や成功の秘訣を徹底解説!

「FXのスキャルピングってどんな取引?」

「スキャルピングって難しそう」

あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

私もFXを始めた頃は同じ悩みを抱えていました。

しかし、FXのスキャルピング取引の方法を知らないと、大きな利益を逃してしまうかもしれません。

さらに、スキャルピングはうまく扱えば損失を抑えることのできる優秀な取引手法なのです。

今回は「FXにおけるスキャルピングの特徴や成功の秘訣」などについて解説いたします。

【初心者向け】FXトレードスタイルの種類

FXには大きく分けて4つのトレードスタイルが存在します。

1.スキャルピング

2.デイトレード

3.スイングトレード

4.ポジショントレード

これらは明確な区切りはありませんが、「注文から決済」までのおおよその時間によって分類されています。

取引スタイルおおよその取引時間
スキャルピング数秒~数十分
デイトレード数時間~1日
スイングトレード2日~5日
ポジショントレード1週間以上

本記事で解説するスキャルピングは数秒~数十分で注文から決済までをおこなうというトレードスタイルです。

ここまで「トレードスタイルの種類」について解説してきました。

しかし、FXスキャルピングの具体的な特徴について知りたいですよね。

そんなあなたのために、「FXスキャルピングの特徴」について次の章で解説していきます!

FXスキャルピング(超短期取引)の特徴とは?

ここではFXスキャルピングの5つの特徴について解説していきます。

1.利益が早く積み上がる

2.損失額が少ない

3.初心者には難易度が高い

4.取引時間が短いため効率的に利益を出せる

5.トレード回数が多いため取引経験を早く積める

順番に解説させていただきます。

特徴①利益が早く積み上がる

FXのスキャルピングは利益を早く積み上げることができます。

なぜなら、スキャルピングは短時間で何度も取引を繰り返すことが多いからです。

FXのトレードスタイルの中では利益が増加するスピードが最も早いといえるでしょう。

特徴②損失額が少ない

FXのスキャルピングは損失額を少なく抑えられるという特徴があります。

なぜなら、スキャルピングはデイトレードなどと比べて注文から決済の時間が早いからです。

ただ、スキャルピングであってもロットを上げすぎると損失額も大きくなってしまうことに注意しましょう。

特徴③初心者には難易度が高い

FXのスキャルピングは初心者には難易度が高いといえるでしょう。

なぜなら、スキャルピングは基本的に高いロットで取引するためです。

そのため、注文や決済のタイミングが一瞬でも違うと、大きな差を生んでしまいます。

特徴④取引時間が短いため効率的に利益が出せる

FXのスキャルピングは、ほかのトレードスタイルよりも効率的に利益を出せます。

スキャルピングは取引時間が数分から数時間と非常に短いのが最大の特徴です。

そのため、時間に余裕のない方や集中力が続かない方にも無理なく続けられる唯一のトレードスタイルといえるでしょう。

特徴⑤トレード回数が多いため取引経験を早く積める

FXのスキャルピングは、トレーダーにとって取引経験をはやく積める取引スタイルといえるでしょう。

スキャルピングは一日に何度もトレードを繰り返します。

その中で、失敗から得た経験を次に活かせば、トレード技術を高めることが可能です。

ここまで「FXスキャルピングの特徴」について解説してきました。

しかし、FXスキャルピングはどのような人に向いているのかが気になりますよね。

そんなあなたのために、「FXスキャルピングがおすすめな人」について次の章で解説していきます!

FXスキャルピングがおすすめな人

この章では、FXのスキャルピングには向き不向きについて説明します。

1.スキャルピングがおすすめな人

2.スキャルピングが向いていない人

順番に解説させていただきます。

スキャルピングがおすすめな人

気持ちを早く切り替えられる人はスキャルピングに向いています。

スキャルピング取引は何度も繰り返しているとその分損切の数も多くなってしまいます。

損切りしたときの悪いメンタルを引きずってしまうと、次の取引に悪影響を及ぼすでしょう。

負けた時の気持ちをすぐに切り替えることがスキャルピング取引では非常に重要です。

スキャルピングに向いていない人

時間に余裕のない人はスキャルピングに向いていません。

時間に余裕がないと、自分の狙っている値動きが来なくても、無理やりエントリーしてしまう可能性があるからです。

特にサラリーマンの場合、帰宅後にトレードしようと思っても、食事やお風呂などに費やす時間を除けば2時間あればいいほうでしょう。

時間に余裕のない人はデイトレードやスイングトレードがおすすめです。

ここまで「FXスキャルピングがおすすめな人」について解説してきました。

しかし、スキャルピングで勝つためにはどうすればいいかが気になりますよね。

そんなあなたのために、「スキャルピングのコツ」を次の章で解説していきます!

スキャルピングの必勝法!厳選した6つのコツを紹介

ここでは、スキャルピングの必勝法について厳選した6つのコツを紹介していきます。

1.相性の良い通貨ペアを使う

2.スキャルピングを行うのに適した時間帯を狙う

3.利益は確実に仕留めていく

4.高機能ツールを使う

5使用ツールに慣れておく

6.テクニカル分析を覚える

順番に解説させていただきます。

コツ①相性の良い通貨ペアを使う

スキャルピングでは、さまざまな通貨ペアを実際に体感したうえで、自分と相性の良い通貨ペアを選びましょう。

相性のいい通貨ペアを使うことで、勝率が高まります。

相性のいい通貨ペアの見分け方は、「自分がやりやすいと思うかどうか」を基準にするといいでしょう。

コツ②スキャルピングを行うのに適した時間帯を狙う

スキャルピングに適した時間帯を狙ってトレードすることで勝率が高まります。

基本的にスキャルピングは値動きの激しい時間帯が一番の狙い目です。

特に値動きが一番激しい時間帯は「21時~24時」なので、そこでスキャルピングするのが良いでしょう。

ただ、通貨ペアによっては異なる時間帯のほうが稼ぎやすい可能性もあるので、事前に確認することをおすすめします。

コツ③利幅は確実に仕留めていく

スキャルピングでは、利幅を確実に仕留めていくことを意識しましょう。

欲張って利幅を上から下まで全部狙おうとすると、結局損失を被ってしまうかもしれません。

「頭と尻尾はくれてやれ」というFXの格言からも分かるように、全部を狙おうとするのではなく、確実に利幅をかすめ取っていくイメージが重要です。

コツ④高機能ツールを使う

高機能ツールとは、「売買シグナルの表示」などの特殊な機能がついた取引ツールのことをいいます。

スキャルピングでは、高機能ツールを使うことで勝率を高められるでしょう。

例えばGMOクリック証券の「プラチナチャート」では、チャート画面のレイアウトを自分好みに変更して、使いやすくすることが可能です。

さまざまな高機能ツールを使ってスキャルピングを有利に進めましょう。

コツ⑤使用ツールに慣れておく

スキャルピングを行う際は、自分の使っている取引ツールに慣れておくことが重要になります。

なぜなら、スキャルピングは一瞬の遅れが大きな損失につながる可能性があるからです。

どこにどのような機能があるのかをしっかり把握して、チャンスに備えましょう。

コツ⑥テクニカル分析を覚える

テクニカル分析とは、現在の値動きをもとに将来の値動きを予想する分析方法のことをいいます。

スキャルピングでは、テクニカル分析が必須知識といっていいでしょう。

なぜなら、テクニカル分析を覚えれば、チャートという1つの画面をみるだけで即時に判断し、スピーディーなトレードを行えるからです。

移動平均線やボリンジャーバンドといったテクニカル分析を覚えて、スキャルピング取引をより質の高いものにしていきましょう。

ここまでスキャルピングのコツについて解説してきました。

しかし、FXのスキャルピングのコツだけではなく、注意点も気になりますよね。

そんなあなたのために、「FXスキャルピングの注意点」について次の章で解説していきます!

FXスキャルピングの注意点

ここでは、FXスキャルピングの注意点を3つ紹介していきます。

1.スプレッドが蓄積する

2.チャートに張り付く必要がある

3.通信環境を最適にしておく

順番に解説させていただきます。

注意点①スプレッドが蓄積する

何度も取引を繰り返すスキャルピング取引では、スプレッドが蓄積して大きな負担がかかってしまいます。

そのため、デイトレードやスイングトレードよりもスプレッドとの向き合い方について考えなくてはいけないでしょう。

スキャルピングをする際は、できるだけスプレッドの狭いFX会社を選ぶ必要があります。

注意点②チャートに張り付く必要がある

スキャルピング取引をする際はチャートにずっと張り付く必要があります。

なぜなら、スキャルピングはたまにチャートをみるだけではチャンスを逃してしまうからです。

時間に余裕がないときはスキャルピングは控えましょう。

注意点③通信環境を快適にしておく

スキャルピングをする際は、通信環境を快適にしておかなくてはいけません。

もし、スキャルピング取引中に通信が途切れたり、遅れたりすると絶好のチャンスを逃してしまいます。

事前に通信環境を確認しておきましょう。

ここまでスキャルピングの注意点について解説してきました。

しかし、FXのスキャルピング取引を実際にするとなった場合に、どのFX会社を選べばいいか気になりますよね。

そんなあなたのために、「スキャルピングに適したFX会社」について次の章で解説していきます!

スキャルピングに適したFX会社ベスト3

ここではスキャルピングに適したFX会社を3社紹介していきます。

1.MATSUI FX

2.GMOクリック証券

3.FXプライム byGMO

順番に解説させていただきます。

おすすめFX会社①MATSUI FX

MASTUI FXは取引ツールやサポートが初心者にも使いやすいように設計されているFX会社です。

一瞬の判断力が求められるスキャルピング取引では非常にありがたい機能といえるでしょう。

1通貨から始められるため、小額でのスキャルピングをしたい方にも最適です。

おすすめFX会社②GMOクリック証券

GMOクリック証券はスプレッドが狭く、約定力も高いのでスキャルピングにピッタリのFX会社です。

また、高機能ツールである「スーパーはっちゅう君」では、約定しなかった注文を即座に取り消せる機能を備えており、スキャルピング取引の大きな味方となってくれます。

おすすめFX会社③FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは99%以上の約定力を持つ、スキャルピングに適したFX会社となっています。

とにかく約定力が高いFX会社を求めている方におすすめです。

取引ツールも高機能かつシンプルな操作性を提供しています。

この章では「スキャルピングに適したFX会社」について解説してきました。

次の章では、本記事で解説させていただいた「FXにおけるスキャルピングの特徴や成功の秘訣」などについてわかりやすくまとめていきます。

それでは見ていきましょう!

まとめ

スキャルピングは数秒~数十分で注文から決済までをおこなうというトレードスタイルです。

FXスキャルピングの特徴は5つありました。

1.利益が早く積み上がる

2.損失額が少ない

3.初心者には難易度が高い

4.取引時間が短いため効率的に利益を出せる

5.トレード回数が多いため取引経験を早く積める

スキャルピングの必勝法については以下の6つでしたね。

1.相性の良い通貨ペアを使う

2.スキャルピングを行うのに適した時間帯を狙う

3.利益は確実に仕留めていく

4.高機能ツールを使う

5使用ツールに慣れておく

6.テクニカル分析を覚える

FXスキャルピングの注意点は以下の3つでした。

1.スプレッドが蓄積する

2.チャートに張り付く必要がある

3.通信環境を最適にしておく

まずは、本記事の内容を参考にして「MATSUI FX」や「GMOクリック証券」、「FXプライムbyGMO」を使って取引をしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
fx-blog-master
あああ
最後までお読み頂きありがとうございます

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきます。

今だけ、公式LINEを追加してくださった方に日給10,000円以上が達成できるFX自動売ツールの無料モニターを毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをお送りください。