自動売買

FXの自動売買はアプリでできる?おすすめアプリとメリット・デメリット

こんにちは、つむぎです!

FXの自動売買をアプリで始める人が増えてきています。

しかし、そもそもアプリでFXができるって本当?怪しいアプリじゃないの?などの疑問を持っており、使っていない人も多いでしょう。

筆者としては、アプリもパソコンも両方使うことで、快適にFXの自動売買ができるようになると思っています。

この記事ではアプリの選び方やおすすめの自動売買アプリ、メリット・デメリットを解説していくので、FXの自動売買アプリに興味がある方はヒントにしてくださいね。

FXの自動売買はスマホアプリでできる?

スマホでFXの自動売買ができるアプリはいくつかリリースされています。

外出先でFXの成果が気になったときや、パソコンが手元に無い時に取引を停止させたいときなど、ちょっとした作業を行うのに便利です。

筆者もFXの自動売買はアプリに任せており、あまりパソコンを開くことはありません。

便利な自動売買アプリですが、アプリストアで検索すると大量に出てくるので、どれを選んだら良いか分からなくなってしまうかもしれません。

アプリの選び方についても学んでいきましょう。

FX自動売買アプリの選び方

FX自動売買アプリを選ぶときのポイントは、以下の3点です。

ダウンロードして触ってみないと操作のしやすさは分からないので、FX会社に登録する前に、アプリをダウンロードして触ってみつつ、以下のポイントを確認していきましょう。

  1. 使いやすいアプリか
  2. 基本的な取引ができるか
  3. バックテストできるか

使いやすいアプリか

FX自動売買アプリで最も重要なのが、使いやすいかどうかです。

2つか3つほどアプリをダウンロードして動かしてみて、比べれば使いやすさの違いはすぐに分かると思います。

例えば、以下のようなポイントをクリアできるアプリは、多くの人にとって使いやすいと思います。

  • エントリーする価格と数量が見やすい
  • 注文、約定、建玉がそれぞれ一覧で表示されている
  • チャートの表示順を自由に変えて自分が取引している通貨ペアを上に持って来られる

ただし、今は操作しやすいアプリでも、アップデートによって使いにくく退化してしまうことがあります。

残念ですが我慢して使うか、他のFX会社の自動売買アプリに乗り換えるのが良いでしょう。

基本的な取引ができるか

FX自動売買では、多くの場合、トレーダーが自分の判断でポジションを持ったり決済したりすることはないです。

しかし、相場が急変したタイミングで手動で稼働を停止させるといったことはあり得ます。

外出先でパソコンが手元に無いときはスマホアプリで自動売買の取引に手を加えることになるので、アプリ上でも基本的な取引ができるかどうかは非常に重要です。

そのため、アプリ上で新規の注文をしたり、既に稼働しているポジションの決済ができるかを確認しましょう。

デモトレードができるアプリなら、すぐに確認できると思います。

デモトレードができない場合、実際の資金を運用してからでないと分からないかもしれません。

使い始める前に確認しにくいのが難点ですが、アプリのレビューや口コミも参考にすれば分かることが多いです。

バックテストできるか

バックテストができるアプリはあまり無いので、ここまでは求めない方が良いと思います。

ただし、パソコンを一切使わず、アプリだけでFXの自動売買をやりたい方は、バックテストがアプリでできるかどうかも確かめた方が良いです。

バックテストとは、自分が考えた売買ロジックを過去の相場で適用した場合、どれくらいの利益・損失が出るかを検証することです。

自分で作ったプログラムを運用するには、過去の相場で勝てるロジックであることを確かめたいですよね。

自分で売買ロジックを作ってFXの自動売買をやりたい人にとっては、絶対に必要な機能です。

なお、売買ロジックを自分で作らずFX会社で用意されているプログラムを使いたい人など、FXの初心者の方ならバックテスト機能は無くても問題ありません。

あくまでも中上級者向けの確認ポイントです。

FX自動売買でおすすめのアプリ

上記の選び方を踏まえた上で、おすすめのFX自動売買アプリを4つ紹介していきます。

システムトレード全般に使えるのが「シストレ24」と「みんなのシストレ」で、リピート系の自動売買に特化しているのが「トラリピ」と「ループイフダン」です。

詳しく見ていきましょう。

  1. インヴァスト証券「シストレ24」
  2. トレイダーズ証券「みんなのシストレ」
  3. アイネット証券「ループイフダン」
  4. マネースクエア「トラリピ」

インヴァスト証券「シストレ24」

用意されている自動売買プログラムが6000種類以上もあり、FXの自動売買サービスの中でも群を抜いて多いのが「シストレ24」です。

ファンドマネージャー経験者やプロの投資家、金融工学や物理学の専門家が作ったプログラムの中から選ぶことができ、「自分で売買するよりシストレ24に任せた方が収益性が高い」と言っているトレーダーも大勢いるほどの実績です。

シストレ24はスマホアプリでもパソコン版と同じような機能を使うことができ、プログラムを手動で稼働・停止させたり、手動で新規の注文を入れたりすることができます。

パソコンとアプリを併用したい人におすすめの自動売買サービスとなっています。

トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

「みんなのシストレ」は、実際のトレーダーの裁量取引をフォローする形で自動的にトレードしてくれるタイプの自動売買です。

利益を出しているトレーダーに運用を任せるようなイメージです(実際には他にトレーダーに資金を預けることはしません)。

このようなサービスを行っているのは、みんなのシストレだけとなっています。

みんなのシストレのスマホアプリも使いやすいと定評があります。

フォローするトレーダーを選ぶ画面もパソコン版と遜色なく、各トレーダーの損益がグラフで見られるなど、スマホアプリでも取引しやすい工夫がされています。

アイネット証券「ループイフダン」

「ループイフダン」はリピート系の自動売買ができるサービスです。

ある範囲で買いと売りを繰り返すので「リピート系」と呼ばれ、上述したシストレ24やみんなのシストレよりも簡単なルールに基づいています。

分かりやすいので初心者でも始めやすいのがメリットですね。

リピート系自動売買ができるアプリも多数あるのですが、その中でも「ループイフダン」はシンプルな取引ができるので、FX初心者や自動売買初心者の方におすすめです。

人気ランキングから売買プログラムを検索して始められるので、とにかく簡単なアプリが良い!という方はループイフダンを使ってみてはいかがでしょうか。

マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」もリピート系の自動売買ができるサービスです。

リピート系の中では最もユーザーが多いサービスの一つで、万人におすすめすることができます。

トラリピのアプリでは、チャート画面を見ながら自動売買プログラムを微調整することができます。

リピート系自動売買に慣れてくると、既存のプログラムを少し修正して収益性を高めたくなってくる方も多いのですが、そのようなニーズによく対応しているアプリです。

ここまででおすすめのFX自動売買アプリを4つ紹介してきましたが、なぜスマホアプリを使わなければならないのでしょうか?

アプリを使うメリットとデメリットを解説していくので、ご自身がアプリ派なのかパソコン派なのか考える参考にしていただければと思います。

FX自動売買アプリのメリット

FX自動売買アプリを使うメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

これらのメリットが大きく感じる方は、ぜひアプリを使って取引してみてくださいね。

  1. 外出先でちょっとした取引ができる
  2. パソコンを持っていなくても大丈夫

外出先でちょっとした取引ができる

アプリの大きなメリットは、外出先でも自動売買の成果を確認できることです。

会社の休憩時間や通勤時間など気になったときに手軽に確認できるからです。

外出先でも確認できるので、サラリーマンなど自宅の外で仕事をする方は、アプリをダウンロードしてFXの自動売買がスマホでできるようにしておくと良いでしょう。

外出中に相場の急変を知った場合、スマホですぐに対応することができます。

パソコンを持っていなくても大丈夫

「FXをやってみたいけど、パソコンを持っていないからできないや」と諦めている方も、スマホなら持っているのではないでしょうか。

パソコンを持っていない方は、スマホアプリでFXの自動売買を始めるのが良いと思います。

本業でFXをやりたいなら、ある程度のスペックがあるパソコンや複数台のモニターが必要になるかもしれませんが、副業でお小遣い稼ぎ程度にFXをやるなら、スマホアプリで十分です。

アプリ自体は無料で使えるものがほとんどなので、ダウンロードしてみていただければと思います。

FX自動売買アプリのデメリット

一方で、FX自動売買アプリには以下の2点のようなデメリットもあります。

デメリットの方が大きいと感じる方は、パソコンでの取引の方が合っているかもしれません。

  1. 画面が小さくて見にくい
  2. チャートやグラフの比較がしにくい

画面が小さくて見にくい

スマホは画面が小さいので、パソコンより見にくいことが多いです。

特に細かいチャート分析をやりたいなら、スマホではなくパソコンの方がおすすめです。

スマホアプリも便利なので、簡単な取引はスマホで、詳細な分析はパソコンで、といったように使い分けましょう。

筆者もそうですが、多くのトレーダーはこのように使い分けていると思います。

チャートやグラフの比較がしにくい

スマホだと複数のウインドウを同時に開けない端末がほとんどです。

そのため、チャートやグラフをいくつか開いて比較することができないのが大きなデメリットになります。

例えば、2つの自動売買プログラムのうちどちらを選ぶか迷っているとき、2つのウインドウを開いてグラフを比較したいですよね。

しかし、スマホだと1つずつしか表示できないので、比較するのが難しいです。

パソコンなら2つ開いて比較できるので、比較検討のしやすさではパソコンに軍配が上がります。

まとめ

FXの自動売買ができるアプリについて解説してきました。ポイントをおさらいしましょう。

  • アプリを選ぶときのポイントは、操作性が良いか、取引できるか、バックテストできるかの3点
  • おすすめのアプリは「シストレ24」「みんなのシストレ」「ループイフダン」「トラリピ」
  • アプリのメリットは出先でチェックできることや、パソコンを持っていなくても大丈夫なこと
  • デメリットは画面が小さいことや、チャートやグラフの比較がしにくいこと

筆者としては、アプリにもパソコンにも長所と短所があるので、両方使っていくことをおすすめします。

自宅ではパソコンで複雑な作業を行い、外出しているときはスマホアプリで時々チェックする、といった使い分けが良いでしょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきますので、
どうぞよろしくお願いします。

今だけ、つむぎの公式LINEへ友だち追加してくださった方に
FX新参者でも日給10,000円以上が達成できる
FX自動売買ツール「ウルフ」の無料モニターを
毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので
興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをくださいね!

LINE友だち追加はこちらからお願いいたします。