自動売買

安心してFX自動売買を行うために!おすすめVPSの3社を比較してご紹介!

「FXの自動売買に興味があるけど、パソコンが無いとだめなのかな?」

「自動売買って24時間パソコンをつけっぱなしにしないといけないの?」

あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

私も自動売買を始めた頃は同じ悩みを抱えていました。

しかし、FXの自動売買は自分の代わりに24時間体制で相場を監視してトレードをしてくれる非常に便利なシステムであり、上手く使えば自動的に利益をあげてくれるだけに使わないのはもったいないです。

さらに、パソコンが無くても自動売買を使用する方法はあるのです。

そして、本記事を読めばあなたのお悩みは解決します。

今回は、「安心してFX自動売買をおこなうためにおすすめするVPSの3社」などについて解説いたします。

そもそもFX自動売買におけるVPSってなに?

FX自動売買におけるVPSとはどのようなものなのでしょうか。

以下、解説させていただきます。

VPSはネット上の仮想パソコン(サーバー)

VPSとは、ネット上の仮想専用パソコン(サーバー)のことです。

VPSとは、クラウド上(ネット上)に自分専用の仮想デスクトップを作ることができます。

つまり、パソコン本体ではなく、ネット上でパソコンが使えるというわけです。

自分のパソコン以外のデバイスからでも確認できる

VPSは自分のパソコン以外のデバイスからでも、状況を確認できるという大きなメリットがあります。

例えば、外出先からスマホでチェックということも可能です。

VPSであれば、EAが正常に稼働しているかどうかをいつでも確認することができます。

VPSを利用すれば24時間自動売買を稼働できる

VPSは24時間体制で稼働しているため、FX自動売買をVPS上でおこなえばFX自動売買を24時間稼働させることが可能です。

さらに、VPSを使って稼働させれば新しくパソコンを買う必要もないため非常にお得です。

この章では、「FX自動売買におけるVPS」について解説してきました。

しかし、VPSを使うといっても、どの業者を使えばいいのか気になりますよね。

そんなあなたのために「FX自動売買におすすめのVPS3社」について、次の章で詳しく解説していきます!

FX自動売買におすすめのVPSを3社!コストやスペックを比較

FX自動売買におすすめのVPSは3社あります。

以下で順に解説させていただきます。

おすすめのVPS会社①ABLENET VPS

「ABLENET VPS」は、20年以上の実績があり信頼性の高いABLENET社のVPSです。

ただし、月額が約2,000円となっており、コストパフォーマンスに関しては他の2社と比べると劣ってしまいます。

少し料金が高くても実績や信頼性を重視したい方には、ABLENET VPSがおすすめです。

おすすめのVPS会社②お名前.com デスクトップクラウドfor MT4

「お名前.com デスクトップクラウドfor MT4」は名前の通りMT4専用のVPSになります。

最初から8つのFX業者のMT4がインストールされているため、自動売買の設定が非常に楽です。

さらに、初期費用が無料であり、1年契約では月額1,560円とコストパフォーマンスが高いことも魅力です。

おすすめのVPS会社③ConoHa

「ConoHa」は、コストパフォーマンスを重視する方におすすめのVPSです。

1GB以下のプランなら月額1,000円以下で契約可能であり、長期契約であればさらに安くなります。

まずは、VPSがどういったものか試してみたい方はConoHaからスタートしてみるものいいでしょう。

この章では、「FX自動売買におすすめのVPS3社」について解説してきました。

しかし、VPSにはどのような注意点があるのかやはり気になりますよね。

そんなあなたのために「PSを利用するにあたって注意すべき2つのポイント」について、次の章で詳しく解説していきます!

VPSを利用するにあたって注意すべき2つのポイント

VPSを利用するにあたって注意すべきポイントは2つあります。

  • 低スペックなVPSを選ぶと処理スピードが遅くなることがある
  • 定期的にVPSを再起動する

以下で解説させていただきます。

低スペックなVPSを選ぶと処理スピードが遅くなることがある

安いからといって、低スペックなVPSを選ぶと処理スピードが遅くなることがあります。

特に、自動売買を複数稼働させる方はメモリが足らずに起こりがちな現象になります。

FX自動売買では、自動売買を安定して稼働させるためにVPSのスペックも一定以上のものが必要です。

定期的にVPSを再起動する

自動売買を安定して稼働させるために、VPSは定期的に再起動しましょう。

万が一、パソコンが固まってしまうと自動売買が止まってしまうからです。

FXでは、相場が休みの土日に再起動しておくことをおすすめいたします。

この章では、「VPSを利用するにあたって注意すべき2つのポイント」について解説してきました。

しかし、VPSを使ってどのようなEAを稼働させればよいのか気になりますよね。

そんなあなたのために「VPSで稼働するおすすめのFX自動売買ツール」について、次の章で詳しく解説していきます!

VPSで稼働するFX自動売買ツールをご紹介

VPSで稼働するおすすめのFX自動売買ツールは3つあります。

  • MINAMO(ミナモ)
  • PHOENIX(フェニックス)
  • プライベートEA(サルバ)

以下で順番にご紹介いたします。

おすすめFX自動売買ツール①MINAMO(ミナモ)

MINAMO(ミナモ)は、「最大月利50%」を記録した画期的なFX自動売買ツールです。

SNSなどのネット上でも「本当に稼げた!」との声が多く上がっています。

スキャルピングで細かな利益を連続で取っていくのが特徴であり、リスクを抑える対策もされています。

大きく稼ぎたい方からコツコツ稼ぎたいという方にまでおすすめです。

おすすめFX自動売買ツール②PHOENIX(フェニックス)

PHOENIX(フェニックス)は「平均月利90%」や「最高月利200%」を誇る、リスクを取っても短期間で大きく稼ぎたい方向けのFX自動売買ツールです。

さらに、証拠金用の15万円を別で生み出す手段が「導入特典」としてプレゼントされます。

高い利益を出している上に、破綻をしたことがないという安心感もあります。

おすすめFX自動売買ツール③プライベートEA(サルバ)

(本文)プライベートEA(サルバ)は、「最大ドローダウン率2.8%」という非常に安全性の高いFX自動売買ツールです。

さらに、「証拠金別の適正ロット数設定マニュアル」や「プライベートEA専用チームによる徹底サポート」などがついているので初心者の方も安心できるでしょう。

リスクを抑えたい方や安定した成績を求める方は、プライベートEA(サルバ)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この章では「VPSで稼働するおすすめのFX自動売買ツール」について解説してきました。

次の章では、本記事で解説させていただいた「おすすめVPSの3社」などについてわかりやすくまとめていきます。

それでは見ていきましょう!

まとめ|VPSを設置して24時間自動売買を稼働させよう

ここまで「おすすめVPSの3社」などについて解説させていただきました。

FX自動売買におけるVPSとは

  • ネット上の仮想専用パソコン(サーバー)
  • 自分のパソコン以外のデバイスからでも状況を確認できる
  • VPSは24時間体制で稼働しているため、FX自動売買をVPS上でおこなえばFX自動売買を24時間稼働させることが可能

でしたね。

FX自動売買におすすめのVPSは3社ありました。

  • 実績があり信頼性の高い「ABLENET」
  • 8つのFX業者のMT4がインストールされているため、自動売買の設定が非常に楽な「お名前.com」
  • 1GB以下のプランなら月額1,000円以下で契約可能な「ConoHa」

VPSを利用するにあたって注意すべきポイントは

  • 低スペックなVPSを選ぶと処理スピードが遅くなることがある
  • 定期的にVPSを再起動する

の2つでした。

VPSで稼働するおすすめのFX自動売買ツールは

  • MINAMO(ミナモ)
  • PHOENIX(フェニックス)
  • プライベートEA(サルバ)

の3つでした。

おすすめのFX自動売買ツールに関しては、どれもTwitterなどのネット上で、「稼げた!」という報告があがっているものばかりです。

「リスクを抑える対策がされている」、「短期間で大きく稼げる」、「非常に安全性が高い」などそれぞれに素晴らしい特徴があります。

まずはお試しとして「MINAMO」や「PHOENIX」、「プライベートEA」の自動売買をVPSでしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
fx-blog-master
あああ
最後までお読み頂きありがとうございます

これからもFXにまつわる有益な情報を発信していきます。

今だけ、公式LINEを追加してくださった方に日給10,000円以上が達成できるFX自動売ツールの無料モニターを毎月5名限定でプレゼントさせていただきます。

プレゼント数に達した時点でお渡しできなくなりますので興味がありましたら、ぜひお早めにメッセージをお送りください。